造形大生の作品を販売するアンテナショッププロジェクト


GOAL
プロジェクトの目的

本プロジェクトは「空き家或いは空き店舗、空き地空間」を活用し、長岡造形大学の学生作品を「デザイン×社会起業」の視点で社会問題の解決に資する作品として位置づけ、展開・販売するアンテナショップを社会実装することです。
  • 空き家・空き地といった空き空間を流動させる – 「都市をとかす」社会実装
  • 好きをかたちに かたちでこまりごとの役にたつ – 社会起業の実践
  • 社会起業支援のロールモデルづくり


Members
プロジェクトメンバ ー

教員

福本 塁


福本 塁
(代表)

佐藤 淳哉


佐藤 淳哉
(副代表)

北 雄介


北 雄介
(副代表)

学生

堀川 強


堀川 強
(作品・実践)

横井 公亮


横井 公亮
(空間づくり)

栗林 智咲


栗林 智咲
(仕組みづくり)


Activities
プロジェクトでできること


みなさんが制作した作品を販売することができます。また、作品の社会性を高めたり、実社会のニーズを受けて改良したりすることが可能です。作品を通じてワークショップ等の場づくりも可能です。

みなさんが制作した作品販売の拠点となる移動販売車やショップとして出すテントのデザインのほか、看板、ポップ、のぼり、バナー、インテリアのデザイン、ワークショップを行うテーブルやレイアウトづくりなどを行うことができます。

みなさんが制作した作品を販売する仕組みや企業協賛を得る仕組み・活動に加えWEBカタログの制作やWEBショップの開設・受発注の受付等を行うことができます。また、企業や様々な人々と協力活動・渉外活動を行う機会が多くあります。


Recruit
学生メンバー募集


興味があるのでエントリーする


現在のエントリー学生数
111



Messages
学生メンバーエントリー者のメッセージ

エントリー者のメッセージを見る



Subproject
サブプロジェクト一覧
学生の自主的な取り組み

サブプロジェクトの登録方法の説明はこちらから



Kick off
キックオフミーティング


キックオフ振り返り


Location Site
対象敷地


大学院棟北側砂利地
未利用空間 正式名称: 北側 実習地等


Schedule
プロジェクトスケジュール

  • 3-8月
    事前準備
    担当教員同士、関係者の認識擦り合わせ
    業務管理の進め方の相談
  • 9月
    参加者募集!!
    学生にプロジェクト発足のお知らせ
    拠点設置方針の検討
  • 10月12日(月)
    キックオフ
    18:00- キックオフミーティング(ZOOM)
  • 10月25日(日)
    サブプロジェクト登録期間
    10月26日(月)の定期ミーティングで紹介するための登録期間です。
  • 10月26日(月)
    定期ミーティング
    サブプロジェクトを参加者・関係者に紹介するためのミーティングです。
  • 11月22日(日)
    ワークショップ
    11月22日(日) 空間・店舗づくりDIYワークショップ
  • 12月~1月
    学内イベント
    学外イベント実施前のプレイベント・展示
  • 3月
    学外イベント
    学外イベントで実際に出店・出展
  • 11月~3月
    WEBストア開店・実店舗開店準備・試行期間
    WEBカタログプラットフォームの設置
    運営の手続き及び理解の獲得
    店舗開店準備およびWEB販売試行期間
  • 4月以降
    店舗プレオープン・プレスリリース
    運営の手続き及び理解の獲得
    店舗開店準備
  • 2021年9月
    店舗正式オープン・プレスリリース
    学園祭にてお披露目店舗開店


FAQ
よくある質問

作品は何でも販売できるのですか?

公序良俗に反した作品でない限り問題ありません。販売コンセプトとして「好きをカタチにしたもの」や「誰かの困りごとに役立つもの」等が好ましいです。とりあえず制作したけれど、そのあたりの表現方法がわからないという方、是非ご相談ください。また、良い活動に対する支援金を頂く媒体としての活動紹介冊子等を販売することも可能です。

利用料金はいくらですか?

今のところ試験的な取り組みとなっておりますので「無料」です。

学生メンバーとして参加する際の条件はありますか?

今のところ試験的な取り組みとなっておりますので「長岡造形大生であること」と「やる気」と「多少の時間」があれば参加可能です。

参画するとどんなメリットがありますか?

いろいろとあると思いますが、思いつくものを紹介すると、「作品が販売できる」「販売収益による報酬が得られる」「販売実績や取り組みがポートフォリオに追加できる」「いろんな人とのつながりができる」「実社会の人々とつながりができる」「物販の仕組みがわかる」等でしょうか。始まったばかりのプロジェクトですのでみなさんの視点からメリットを開拓頂ければと思います。



Acknowledgement
謝辞

本研究は令和元年度公立大学法人長岡造形大学特別研究「社会問題の解決に資する長岡造形大学の学生作品を販売する アンテナショップの社会実装-「都市をとかす」ためのコミュニティ形成拠点の実装-」の助成を受けて研究・実践に取り組んでいます。