アンテナショッププロジェクト(仮)

研究費申請名称】

社会問題の解決に資する長岡造形大学の学生作品を販売する アンテナショップの社会実装
-「都市をとかす」ためのコミュニティ形成拠点の実装-


プロジェクト 名称

未定


プロジェクトの目的

空き家或いは空き店舗、空き地空間を活用し、長岡造形大学の学生作品を「デザイン×社会起業」の視点で社会問題の解決に資する作品として位置づけ、展開・販売するアンテナショ ップの社会実装


プロジェクト メンバ ー

教員
  • 福本 塁 (代表)
  • 佐藤 淳哉
  • 北 雄介

学生
  • 堀川 強 (M1) 作品:新潟ぱるた等
  • その他

プロジェクト予算

総計 1,976,000 円


現時点でのスポンサー候補

  • 株式会社Tripleef 美容室
  • 建設業協会 三条 支部 他


プロジェクトにより想定される成果

  • 社会起業モデルの構築と発信
  • 出店地域のコミュニティ形成
  • 本研究による社会実装事業が学生に及ぼす影響
  • 学生の創作意欲の促進
  • ポートフォリオの品質向上
  • 販売機会の増加
  • 起業および個人事業の試行機会の提供


授業「社会起業」におけるアンケート結果

起業を計画した経験



自分の作品を販売した経験




プロジェクト参加希望学生

社会起業の授業第1回の最後に3分ほど事業に関する概略を説明したところ、学生から自主的に参加希望の連絡があった人数は以下の通り。

学年 PD 視覚 建築 美工
4年 0 1 0 0
3年 0 0 2 0
2年 2 1 1 0


当初スケジュール(要変更)

  • 3月
    事前準備
    担当教員同士の認識擦り合わせ
    業務管理の進め方の相談
  • 4月
    キックオフ
    興味ある学生への声かけ(社会起業+パレット)
    キックオフミーティング
    コンテナ設置に向けた手続き及び理解の獲得
  • 5月
    WEBカタログの整備
    コンテナ設置に向けた手続き及び理解の獲得
    WEBカタログプラットフォームの設置
  • 7月~9月
    開店準備・試行期間
    店舗開店準備および試行期間
  • 9月中旬
    店舗開店・プレスリリース
    学園祭にてお披露目店舗開店
  • 11月~3月
    店舗運営
    店舗運営
    次年度特別研究費への検討・申請
    撤退する場合の撤収・片付け


対象敷地

大学院棟北側砂利地 未利用空間 正式名称: 北側 実習地